流量計や魚群探知機を活用して仕事をこなす|専門速お助けマスター!

流量を図るために

作業員

配管などに液体が流れている量を「流量」と言います。流量は流量計を使って図ることができますが、流量計にもいくつかの種類があるので、適したものを選んで利用する事が大切になってきます。その中に、電気を使わない容積流量計という物があります。これは、液体の流量を利用して回転子を動かし、流量を測定するというものです。多くの作業現場などで利用されており、メジャーな流量計であると言えます。

流量計は、常に稼働していられるというわけではありません。時と場合によってトラブルが発生することもあるのです。その原因としては、配管の中に付着物が発生することなどが挙げられます。なぜ付着物が発生するかというと、多くは水道水などの含まれる金属イオンがその発生源として言えます。金属イオンは配管などに付着する傾向があり、それは結晶となってしまいます。そうなってしまうと、配管の中が狭くなってしまうため、流量が変わってしまう可能性を引きおこしてしまうのです。こういったトラブルは、メンテナンスを行なうことで解消できますが、原因がわからなければ、解消できない場合もあります。そのため、まずトラブルの原因を知っておくことが大切なのです。また、液体中に浮遊する物体などがあれば、それもトラブルを引き起こすきっかけとなってしまいます。それらはストレーナという機材で取り除くこともできますので、トラブルの原因と、解消するための機材を所有しておくことも大切です。