流量計や魚群探知機を活用して仕事をこなす|専門速お助けマスター!

選び方を知る

笑顔

魚群探知機にはいくつかの種類があるので、性能を確認して選ぶ必要があります。多くの漁師が注意すべき点は、稼働するための電源についてです。漁を行う船には、本来バッテリーがついています。魚群探知機はそのバッテリーに繋いで使用することができますが、場合にはよってはバッテリーを使わずに利用したいと考える人もいます。そういった時には、電池式の魚群探知機を使うと良いでしょう。電池式であればどのような船でも利用できますし、電池があるかぎりいつまでも使用することができます。しかし、電池のストックがなければ、長時間使うことは出来ないので、注意も必要です。漁師の中には、バッテリー可動の魚群探知機と電池可動の物との両方を所有している場合があります。両方所有しておけば、どちらかを予備として使うことができますし、どのような事態にも対応することができるからです。

魚群探知機選びに重要なポイントは、他にもあります。それはどれくらいの水深まで測定できるかという点です。海はポイントによって水深が変わってきます。漁を行なう場所が深ければ、その深さに対応できるような魚群探知機を選ばなければいけません。また、深い水深を測る魚群探知機は、バッテリーを多く消費する可能性があります。利用の際には、バッテリーを十分に確保しておき、利用できるようにする必要があるのです。特に大きな魚を狙う場合であれば、深い水深の場所にいくことがあります。そういった場合い多く活用されているのです。